オーストラリア・ワーホリ・タスマニアで車を購入する3つの方法

ワーホリ、留学

こんにちは。 今回はワーホリでオーストラリア滞在の際にオーストラリア・タスマニアでどうやったら車を買うことが出来るのか疑問に答えようと思います。

オーストラリアでは都市部に住まない限り、車社会なので、ワーホリなどでオーストラリアを旅行したい人は必然的に車が必要になるでしょう。特にファームジョブを探している場合は基本的には郊外や田舎町になりますので、特に車があったほうが職探しのアドバンテージになるでしょう。

このブログを読んでいただくと以下のような3つの車の購入の方法が分かるようになります。

  • 友達から車を譲ってもらう
  • インターネット(gumtreeなど)で探す
  • 中古車販売店で購入
  • 必要書類

ぜひこれからタスマニアで車を探される方の参考になればと思っています。 どうぞ最後まで読んでみてください。

車の購入方法

オーストラリアでは、日本と違いさまざまな方法で車が買えます。 日本でもオークションなどでも購入することが出来ますが、あまりメジャーな購入法ではないですよね。 

オーストラリアではネットを通していわゆるフリマアプリのような感覚で購入することも多いです。 

もちろん試乗することも可能です。むしろ試乗させてくれない車は何かしら問題があると思いますので避けるべき車だと思います。

それでは1つずつ見ていきましょう。

友達から車を譲ってもらう(購入する)

ワーホリでオーストラリア滞在の際に一番多いのがこのパターンのなのではないでしょうか。オーストラリアでできた友達から購入するパターンです。 

私が車を買ったのはこのパターンではないですが、私の周りの方では何人か友達同士で車の売買をしていました。

ワーホリで会う方々は、オーストラリア人よりもほとんどがワーホリで来てる同じような方が多いと思います。 

その時に、車を持っている友達はいずれはオーストラリアを去ることになると思うので、タイミングが良ければただで譲ってもらえるかもしれません。

すぐにでも売りたい方は$500くらいで売ってくれることもあります。 

また、普段から乗っていた車なので良いところ悪いところを教えてもらえたりすると思いますので、見知らぬ人から購入するよりは安全かと思います。

もし、仲良くなった友達が車を手放したい時はぜひいろいろ聞いてみて購入できるか、ぜひ交渉してもらってください。

デメリット

  •  車の状態が良く分からない
  •  必要書類がない場合もある
  •  車の選択肢ができない

メリット

  • 安く買える可能性がある
  • すぐに買える可能性がある
  • 友達から購入するので、試乗や車の事をよく聞ける

インターネット(gumtreeなど)で探す

gumtreeとは仕事や、家、車などをいろいろな物を探せるサイトです。

Free local classified ads
Find Cars & Vehicles ads in Tasmania. Buy and sell almost anything on Gumtree classifieds.

 オーストラリア全国のものをgumtreeを通して探すことが出来ます。

gumtreeにはたくさんの車が掲載されています。2022年7月現在で14000台ほどが掲載されています。

もし気になった車があったらの販売者にメッセージをしてみてください。

車の情報や試乗可能かのいろいろなことを聞いてみましょう。

もちろん取引は英語になりますので、多少の英語力は必要になります。

全く英語が分からないと、故障しているのにごまかされてしまったりしてしまうので注意しましょう。

しかし、英語力があると値段交渉も出来ますので、少し高いなと思ったら交渉して見てください。

デメリット

  •  車の状態が良く分からない
  •  必要書類がない場合もある
  •  英語が分からないとごまかされる可能性がある

メリット

  •  中古車屋さんよりもリーズナブルの値段で買える可能性がある
  •  ネットで検索できるので自分好みの車が探せる

REGO

あとREGOといういわば車の車両登録(3か月、6か月、1年)の期限です。それがいつ切れるのかなどの確認もしておきましょう。

切れている場合は登録しなければいけないので、さらに登録料金がかかりますのでご注意ください。

REGOが切れている場合は、車両価格にREGO代が入っているのかなど、いろいろ確認してください。

REGO 代

Light Vehicles – registration fees – Transport Services

中古車販売店で購入。

一番安全なのが中古車販売店での購入です。

ネットで買うより値段は高いですが、整備での面や手続きの面では他の方法比べると楽だと思います。

ネットで購入する場合はあとあと問題が出てきて整備が必要になってくる場合もありますので、意外とお買い得かもしれません。

デメリット

  •  他の方法よりも車両価格が高い可能性がある

メリット

  •  車が分からなくても安心して買うことが出来る
  •  自分好みの車が探せる
  •  書類手続きも安心して任せられる

必要書類

車を購入した際に必要になる公式の書類があります。 

僕はタスマニア州(TAS)で車を買ったので、タスマニア州のことしかわからないのですが、ほとんどはどこでも同じだと思います。


f:id:Heikki53:20200219095224j:image

このような書類を売り手に書いてもらってから絶対に受け取ってください

この書類は車の所在を明かすものなので、現在、誰のもとにあるかを証明するものです。

なので、ワーホリの友達からただ車を譲ってもらうだけだと、あとあと売るときに売れないなどのトラブルになるのでしっかりと書類は売りてからサイン付きでもらい、サービスタスマニアに期限内に提出してください。

でないとペナルティになることがあります。

オンラインでも手続きができます。

Tasmanian Government Motor Registry System: Terms & Conditions

提出する祭はに必要なものはこちらです。

サービスタスマニアに行って手続きしてください。 手続きは意外すんなりできますよ!

  • 公式な書類(相手の情報及びサイン付)
  • パスポート
  • 保険証(海外旅行保険など) 必要ないかもしれませんが僕は提出させられました。
  • 手数料(車の売買価格のたしか3%)                   $3000の場合 3%=$90
  • REGO料金(車の登録料、半年分か1年分)
  • あと現住所の書かれた公式レター(銀行のレターなど)

まとめ

私はgumtreeを使ってこの写真の車を購入しました。

前オーナーがどういう風に乗っていたのかも聞けましたし、なぜその車を売らなきゃいけないのかも聞けました。

bty

私の購入した車は2000年生産のスバルの26万キロの車でしたが、よく整備されていたので大きなトラブルにはなりませんでした。

しいて言うならば、暑い日にエンジンの水温が少し上がりやすかったり、消耗品の交換が必要でしたが走行には問題ありませんでした。

車は機械なので、長く使っていれば壊れます。

なのでなるべく、定期的にメンテナンスのされている車を買うのがオススメだと思います。

メンテナンスの履歴書がついている車のほうが無難だと思います。 

運の部分もあるので自分がいいと思った車を選んだほうが良いと思います。

あとはオーストラリアの中古車は普通に20万キロから30万キロの車がゴロゴロしていますので、壊れるときは壊れますので、丁寧に乗ることを心がけるのが良いでしょう。

それでは、オーストラリアで車を購入してワーホリを満喫しましょう。

お読みいただきありがとうございました。

もっと役立つ情報を知りたい方へ!

Brainで英語学習ロードマップ販売中!!!

Brain | 紹介機能付きコンテンツ販売プラットフォーム ブレイン
Brain(ブレイン)は、自分が持っている知識やノウハウを有料販売し、収益化することができるプラットフォームです。レビュー機能により、良いコンテンツが可視化されるため、学ぶ側は質の高い学びを得ることができる仕組みが整っています。

コメント